フットサルの戦術における ディフェンス


フットサルのディフェンスの戦術。

細かく書けばいくらでもあるんでしょうが、基本的なことは同じなのかな、と思います。

ディフェンスって実はとってもシンプルです。オフェンスと違って、やること(優先順位)がわかりやすいというか、基本的な動きは、どんな戦術であっても一緒です。ですが、その基本的なことを忘れて、戦術に縛られてしまうチームやプレイヤーが意外と多いことに驚きます。



スポンサードリンク


ディフェンスって、何のためにするのでしょう?



そう、失点しないためです。
ということは、失点しないための動きが、ディフェンスの戦術ということになります。




どんな細かいディフェンスの戦術であっても、その動きが失点しないための動きであることに変わりありません。ですから、失点しないための動きを意識しながら取り組む必要があります。




それを忘れてしまうと、戦術上の動きができていても、肝心な失点を防ぐことができない場合があるのです。これでは本末転倒ですね。はたから見てるとそう思うのですが、やっている本人たちは意外と気付かないようなんですよね。^^;




ディフェンスの戦術でもオフェンスの戦術でも、

” 何のための戦術なのか? ”

ということを忘れてはいけません。
戦術を覚えることに一生懸命になりすぎて、” 何のために戦術を覚えているのか? ” ということを忘れないように練習してください。戦術の意味を選手がしっかり理解している場合とそうでない場合とでは、結果が180度変わってきます。



選手たちが戦術を理解しているかどうかは、プレーを見ていればわかります。プレーを見ていれば、選手たちの意図は伝わってきます。たとえそのプレーを失敗してうまくいかなかったとしても、その選手たちがやろうとしていたプレーの意図は伝わります。




だいぶ話がそれてしまいましたが、、
ディフェンスの戦術があるとして、その戦術の大前提は、” 失点をしないことだ!! ” ということを忘れないでくださいね。

それがわかっていれば、あとはそこから逆算していけばいいだけです。

失点を防ぐ
 ↑
失点につながりそうなコースを守る
失点につながりそうなパスを防ぐ
得点力の高い選手を守る

・・・などなど。

全ては、失点をしないための戦術、それがディフェンスの戦術なのです。




何のための戦術なのか?

忘れないで下さいね^^



☆このブログで目からウロコが落ちたら、ポチッとお願いします^^
↓↓↓
にほんブログ村 サッカーブログ フットサルへ
にほんブログ村


フットサル ブログランキングへ



スポンサードリンク