ドリブルが得意な人を見ると、

「うま~い!!」

って言う人がたくさんいますが、、、それって本当にそうなんでしょうか?

なんてことを書くと、まるで ひがんでいるように聞こえますが、そういうわけではありません(笑)
ドリブルが上手い人は、確かに上手いです。
でもそれには、大きく分けて2種類のタイプの「上手い」があります。

1つは、何が何でもドリブルで相手を抜こうとするタイプ。
もう1つは、肝心な場面のみ、ドリブルをするタイプ。

多くの人が「うまい!」と言うのは、前者のタイプだと思います。
長い時間、1人でボールキープしているのだから目立ちます。
だからそういうタイプは「うまい!」と言われやすいです。
長い時間、ボールキープしていても相手にボールを奪われないのだから、確かに上手いのは上手いのです。
でもね。
これをやると、他の味方はとっても困ってしまうんです。

・・・なぜだかわかりますか?

スポンサードリンク

それは、「スペースがなくなってしまうから」 なのです。
これがサッカーとの大きな違いの1つです。
フットサルはコートが狭いですよね?
コートが狭いってことは、スペースも狭いってことです。
一瞬の判断の遅れで、貴重なスペースが消えてしまうような繊細なスポーツなのです。

にも関わらず、1人が長くボールを持ってしまうと、どんどんスペースが無くなっていってしまいます。
ディフェンスからすると、ドリブラーって守りやすいんです。
ボールを持ってくれているうちに寄せられるし、他のパスコース(スペース)も消す時間が作れるからです。
そうやって、ディフェンスが体勢を整えた状態になってからパスを出しても、まもなくボールを奪われてしまうでしょうね。
なので、味方はきっと「速くパス出してくれ!」って思っていると思います。
これもある意味、”空気を読む力” が必要なんだと思うのですがね。

もしくは、、みんなで取り組む楽しさを知らないが故に、自己満足なプレーに走ってしまうのかもしれませんね。
確かにドリブルで相手を抜くことができたら嬉しいし楽しいと思います。
場面によりますが、、でも、味方にパスを出して相手を抜いた方がずっと効率的だし、速いことの方が多いです。
しかも喜びは、関わった味方の数だけ倍になります。

フットサルはあくまでチームスポーツです。
もちろん、ドリブルが効果的な場面も多々ありますよ。
でも、ドリブルが万能なワケではないし、パスの方が効果的な場面はたっくさんある。

そのあたりを勘違いして欲しくないなーと強く思う今日この頃です。

このブログで目からウロコが落ちたら、ポチッとお願いします
↓↓↓
にほんブログ村 サッカーブログ フットサルへ
にほんブログ村


フットサル ブログランキングへ

スポンサードリンク