意外と知られていないフットサルディフェンスの基本

ディフェンスと言えば、

・マンツーマンディフェンス
・ゾーンディフェンス

ですよね?


どちらのディフェンスにおいても共通して言えることは、自分のマークする相手をしっかりと捕まえることが大事!ということです。

ゾーンディフェンスの場合であっても同様です。


ですが、多くのプレイヤーが勘違いしているポイントがあります。

それは、

『自分のマークする相手だけディフェンスすればいい』

と思っていることです。


これは大きな間違いです。

マンツーマンディフェンスであっても、自分のマークだけ見ていればいい、なんてことはありません。



スポンサードリンク


ディフェンスこそ、チームプレーが大事です。

というよりもむしろ、ディフェンスは、チームとして行なうから意味があるのです。


個々でディフェンスをするには、限界があります。

いつでも1対1で勝てるわけではないですよね?

そういうときに、味方がカバーリングしてくれるから、結果的に「守る」ことができるのだと思います。


また、1人だけをマークしようとすると、最も重要な「シュートコース」がガラ空きになってしまうおそれがあります。

ディフェンスは何のために行なうのか?

もちろん、失点しないため、ですよね?

にも関わらず、自分のマークの相手1人だけにとらわれて、肝心なシュートコースを空けてしまい、シュートを打たれてしまう・・・

という状況が、いろんな試合で見られます。

(もちろんオフェンスはそれを狙って、ディフェンスをかく乱する動きをしてくるわけですが。)


ということで、マンツーマンディフェンスであっても自分のマーク1人だけ見ていればいいわけではないのです。

どこが最も危険なスペースとなるのか?

を考えながら、自分のマークの相手や、それ以外の敵の位置を確認してポジショニングする必要があるのです。


これが分かってくると、おもしろいように相手のパスをインターセプトできるようになります^^

危険な位置=敵のパスが来やすい位置

ですからね^^


☆このブログで目からウロコが落ちたら、ポチッとお願いします^^
↓↓↓
にほんブログ村 サッカーブログ フットサルへ
にほんブログ村


フットサル ブログランキングへ



スポンサードリンク