フットサル=足裏トラップとは限らない!?


フットサルのトラップというと、

” 足裏で止めるんだ!! ”

” インサイドトラップは使っちゃいけないんだ!! ”

・・・なんて思っていませんか???


そーーーんなことは、ありませんよ?

日本人って真面目だな、特に女性は素直すぎるなぁ、と思う瞬間です(^^;


そもそも、なぜ足裏でトラップする必要があるのか理解していますか?

・・・そう!
フットサルはスペースが狭くて、敵との距離が近いため、ボールを奪われやすいから足裏でトラップするんですよね?


でも、実際の試合の中では、インサイドトラップを使った方がより効率よくボールキープできる場面も多いです。

例えば、パスが大きくズレてしまったとき。
足裏では届かないけれど、インサイドなら届くこともあります。

パスを受けてワントラップで抜き去りたいときにも、足裏トラップよりも動きが読まれにくいので、インサイドトラップは有効です。



スポンサードリンク


インサイドトラップそのものは、練習すればそれほど難しい技術ではありませんが、「フットサル=足裏トラップ」と決めつけて足裏トラップだけを練習していると、いざ試合でインサイドトラップが必要な場面になっても足裏トラップしかできません。・・・当然ですね。笑


もっと自由に発想しましょう^^

極端に言えば、
どんなトラップだって良いんです。
どんな蹴り方だって良いんです。

できるだけ効率的な方法なら、何だって良いと思うんです。
フットサルのルールには、” 必ず足裏トラップを使うこと ” なんてルールはないんですから。笑


部活動やチーム等でパスやトラップのような基礎練習をすると、どうしても言われるがまま取り組んでしまいがちです。しかし、基礎技術の反復練習はもちろん大切ですが、それ以上に基礎技術の意味を理解することの方が大切だと思います。


技術そのものの意味、なぜそれを練習するのか?ということを理解できれば、単調に見える基礎練習も、選手自身が自分で考えて練習できるようになります。もちろんその基礎技術を試合でしっかり活かすことができるようになります。


ということで。
フットサルだからって、足裏トラップにこだわる必要はありません。
その瞬間・瞬間で、最も効率的だと思えるトラップを選択すればいいのです。

そういう選択ができるようになるためにも、普段の基礎練習から ” アタマを使って・考えてプレーする ” ことを意識しましょう!^^


☆このブログで目からウロコが落ちたら、ポチッとお願いします^^
↓↓↓
にほんブログ村 サッカーブログ フットサルへ
にほんブログ村


フットサル ブログランキングへ



スポンサードリンク


〔PR〕フットサルで汗をかいてもニオわない!!超強力消臭クリーム「クイックダッシュ」