フットサルの蹴り方


フットサルは、サッカーに比べてゲームスピードがとても速いです。サッカー経験者が初めてフットサルをプレーすると、この速さにいちばん驚きます。例えるならば、フットサルは、サッカーで言うところの「カウンター」や「ゴール前でのシビアなプレー」がずっと続いているような感覚だと思います。


ゲームスピードが速いということは、忙しいということでもあります。常に脳みそはフル回転で、常に先のプレー・先のプレーを考えながらプレーする必要があります。その中でも、1つ1つのプレーを正確に行なうことがとても重要です。速いゲームスピードの中でも、冷静に状況を判断し、正確にパスやトラップを行なう必要があります。



スポンサードリンク


そもそも・・・ 
自分の蹴り方って、意識したことありますか??


意外と意識したことがある人は少ないんじゃないかなと思います(^^;

サッカーとフットサルの蹴り方って、違うと思うんです。それぞれの競技における必要な技術が異なるんですね。

サッカーでも正確に蹴るのはもちろんですが、それに加えて、遠くに蹴る技術が必要となります。
フットサルでは、正確さ+速く蹴る技術 が必要になります。

https://pixabay.com/
引用元:https://pixabay.com/



では、速く蹴るコツですが、、

バックスイングを小さくすることです

バックスイングを小さくして、できるだけコンパクトに足を振ってみてください。やってみるとわかりますが、今までよりも速いタイミングで蹴れるはずです。



フットサルにおいては、この一瞬のわずかな速さの違いが大きな結果の違いとなってきます。

もう少し速いタイミングで蹴れればパスが通ったのに!
=相手のディフェンスに当たらなかったのに!
もう少し速いタイミングで蹴れればシュートが決まったのに!
=ゴレイロに取られなかったのに!

ということがありませんか?
この差がまさに、蹴るタイミングの速さの違いです。
(もちろん判断の速さが原因となることもありますが、今回は蹴る速さについて触れています。)


具体的に説明しますと、サッカーのように遠くに蹴りたい場合、足を大きく後ろにバックスイングしてから蹴りますよね?遠くに蹴りたい分、助走を大きくとるイメージですね。

https://pixabay.com/
引用元:https://pixabay.com/



一方フットサルでは、サッカーほど遠い距離を蹴ることは稀です。ですから、足を大きく後ろにバックスイングする必要はありません。イメージ的には、太ももからバックスイングするのではなく、ヒザ下だけをコンパクトにバックスイングするイメージです。

実はこの蹴り方をすると、体の軸がブレにくくなり、結果的に正確に蹴りやすくなるという人もいるようです。
一石二鳥ですね^^


まずは1度試してみて下さいね^^
プレースピードが速くなりますよ!



☆このブログで目からウロコが落ちたら、ポチッとお願いします^^
↓↓↓
にほんブログ村 サッカーブログ フットサルへ
にほんブログ村


フットサル ブログランキングへ



スポンサードリンク