ミックスフットサルにおけるフェアプレーとは?


最近、フットサルがどんどん流行ってきていましすね。
数年前までは、女子フットサルチームなんてほとんどなく、ミックスチームの数もとても少なかったですが、今では女子だけのフットサル大会や、ミックス大会も増えてきています。


私自身もミックスチームに所属し、フットサルをしています。
先日、そのチームで、ミックス大会に出場したのですが、、、いくつか残念なプレーがありまして、改めてミックスフットサルにおけるフェアプレー・暗黙のルールなどについて書いてみようを思った次第です^^;



スポンサードリンク


ミックスフットサルとは、男性+女性でチームを構成します。

例えば、

●ゴレイロ1人+フィールド男性3人+フィールド女性1人=5人
●ゴレイロ1人+フィールド男性3人+フィールド女性1人=5人
●ゴレイロ1人+フィールド男性3人+フィールド女性2人=6人

といった組み合わせでフットサルします。



https://pixabay.com/
出典:https://pixabay.com/


女性のレベルって、本当にまちまちなんですよね。
動き方もわからない、
ボールが蹴れない、
トラップができないという人もいれば、
動けるし、
ボールもしっかり蹴れるし、
トラップもできるという人もいます。


その中でも、どの程度できるのか?つまり、どのくらい強くボールを蹴れるのか?どのくらいの距離まで蹴れるのか?どのくらいしっかりトラップできるのか?などは、本当に人それぞれです。中には、男性顔負けの技術レベルの女性もいます。


ですが、共通しているのは、女性は男性よりも身体能力が劣るということです。
スピードやパワーで勝てる女性はほぼいません。この前提をお互いに忘れてしまうと、ミックスフットサルは成り立ちません。


男性の方が圧倒的にパワーが強いのですから、ルール的にokであっても、女性に対してショルダーチャージや体を当てるというプレーはつつしみたいところですね。

ある程度の経験者の女性によく見られるプレーですが、、女性は、男性が体を当てないようにプレーしてくれていることに敬意を払い、女性から体を当てるようなプレーはつつしむべきです。女性が男性を押したとしても、男性は押し返すわけにはいきませんからね(^^; この時点でもうフェアではなくなってしまうワケです。



スピードに対しても同じです。
男性は、スピードに頼ったドリブル突破などのプレーはつつしみたいところです。スピードまかせのプレーをされては、女性は何もできません。これではアブラムシと一緒。もはや一緒にフットサルをしている意味がなくなるのです。



じゃあどうすればいいのか?


シンプルにパスをまわすフットサルを心がけましょう。
もちろん、ミスが続いて苦しい場面で、少しだけスピードに頼ってしまうくらいなら仕方ないとは思いますが・・・ 基本的には、2タッチ~3タッチでパスをまわしていきましょう。こうすることで、危険な接触プレーが激減します。また、女性にもパスがまわりますし、相手チームの女性もディフェンスに参加することができます。


つまり、男性も女性もみんな一緒にフットサルを楽しむことができます。
ミックスフットサルは、
男性と女性とでお互いを尊重し合う、紳士淑女のスポーツなのですよ^^



☆このブログで目からウロコが落ちたら、ポチッとお願いします^^
↓↓↓
にほんブログ村 サッカーブログ フットサルへ
にほんブログ村


フットサル ブログランキングへ



スポンサードリンク