【PR】 短期集中フットサル上達法!!これを見ればフットサルが上手くなる!!

フットサルのトラップのコツ
という題名をつけてみましたが、基本的な考え方はサッカーのトラップでも同じです。
違う点は、フットサルのトラップはサッカーのトラップよりも、よりシビアだという点です。

トラップが上手くできない
と、悩んでいる人のほとんどが、” 上手いトラップ ” というものがどういうものなのか、勘違いしています。

トラップって、そもそも何のためにするのでしょう?

極端なことを言えば、トラップなんてしなくても、フットサルはできるんです。プレーの質や内容にこだわらなければ、ドリブルだけでもダイレクトパスだけでも、一応フットサルはできるんです。だけど、トラップを使いますよね?
なぜでしょう?

この答えが思い浮かばない人は、トラップを意識して行なっていないということになります。つまり、テキトーにトラップしている。よって、いつになってもトラップが上達しない、、、という状況です。

では、もう一度考えてみましょう。
なぜ、何のために、トラップをするのでしょうか?

 
スポンサードリンク

 

では、答えです。
あ、もちろん、正解は1つではありません。

トラップをする理由。

1.次に蹴りやすい位置にボールを動かすため。
2.ダイレクトパスだと速すぎるので、間を作るため。
3.敵をかわすため。

などですね。

 

トラップって、ただ単純に足もとにピタッと止めることがスゴイと思われがちですが、それ自体はそんなに重要ではないんです。もちろん、足もとにピタッと止められるという技術は素晴らしいことです。ですが、いつでもどんな場面でも” 足もとピタ ”のトラップをしてしまっては、ゲームの流れを作ることができないのです。

実は、トラップそのもの以前に、

このパスをもらったら、次はどう動くか?

ということを意識していないと、トラップは無意味なものとなってしまいます。

次のプレーをできているからこそ、そのプレーに向かう最短のルート上に、ボールをトラップできるのです。

例えば、
「このパスをもらったら、右の味方にパスを出そう。」
とイメージしていれば、受けたパスをできるだけ右の味方に近い方へ、尚且つ、次に蹴りやすい位置にトラップするでしょう。

「このパスをもらったら、右の味方にパスを出したいけど、ダイレクトパスで出すとタイミングが速すぎて敵にカットされてしまいそうだから、一端トラップしよう」
とイメージしていれば、間をとっても敵に奪われにくい位置へ、尚且つ、次に蹴りやすい位置にトラップするでしょう。

「このパスを受けた瞬間に敵が寄ってくるだろうから、右にトラップして敵をかわそう」
とイメージしていれば、受けたパスを敵から遠い、できるだけ右の方へトラップするでしょう。

という風に。
次のイメージありきで、トラップを行なうことが大事です。

パスが来て、とりあえず足もとにピタッとトラップしてみてから、次のプレーを考えるのでは遅いのです。これでは、完全に敵のペースになってしまうのです。

 

トラップには意味があって、そもそもトラップする前に次のプレーをイメージしておくこと。
これが大事なのです。

トラップする前に次のプレーをイメージするためには?

それはまた今度書きますね^^

 

このブログで目からウロコが落ちたら、ポチッとお願いします^^
↓↓↓
にほんブログ村 サッカーブログ フットサルへ
にほんブログ村


フットサル ブログランキングへ

 
スポンサードリンク

 

〔PR〕フットサルで汗をかいてもニオわない!!超強力消臭クリーム「クイックダッシュ」