私はよく、他人のフットサルの試合を観に行きます。

仕事でも何でもなく、” ただの趣味 ” です。笑

そうして、いろいろなフットサルの試合を観ていると、いろんなことに気付きます。
気付く、というか、見えてくるというか。

そのチームの普段の状況が、なんとなーくイメージできてしまうんです。

もちろん、私個人の思い過ごしかもしれませんし、ただの気のせいかもしれません。ですが、前々回(ひとりでもできるフットサル練習法)書いたように、” 目 ” というのは、非常に多くの情報を得ることができる優秀な部位です。従って、見て感じたことというのはたいてい正解なんですよね。

 
スポンサードリンク

 

そういうわけで、フットサルの試合を観戦する場合においても、たくさんの情報を得ることができます。

ですから、選手が何を考え、何を意識してプレーしているのか?ということも何となく見えてしまいます。逆に、何も考えず、無目的にプレーしていてもわかってしまいます。手を抜いていると、見る人が見ればすぐにバレてしまいますよ?苦笑

そういったことの他にも見えてくるものがあります。

何だと思います?

 

 

おそらく考えてみても見当もつかないと思うので、正解を書いてしまいますが、、、

それは、『 チームの仲の良さ 』です!!
はい?

・・・と、思われたかもしれませんね。笑
ですが、チームの仲の良さというのは、必ず試合にあらわれます。

パスだけを見ていてもわかります。

味方が受けやすいパスを出しているか?
味方が受けやすいタイミングでパスを出しているか?
味方がパスを出しやすいポジションに動いているか?
味方がパスを出しやすいタイミングで動き出しているか?
などなど。

こういう感覚を持ってパスを回せるチームは強いです。

 

フットサルはスピードがとても速いスポーツです。

そんな速いスピードの中でやっているのですから、言葉で指示している時間が無いこともよくあります。

そういうときに。
言葉で伝えなくても、お互いにお互いがやりたいプレーを想像して、お互いに合わせる意識を持って動くことで、速いスピードでもプレーすることができるんです。

あうんの呼吸、とか、以心伝心、とか、そういう感覚です。

これってつまりは、仲の良さに直結しますよね?
普段は犬猿の仲なのに、フットサルにおいてはベストパートナー!
・・・なんて、聞いたことがありません。

いや、私が聞いたことが無いだけで、そういう関係性のチームも存在するのかもしれませんが、、、一般的には、普段から信頼し合っている関係だと、パスが非常に良くつながるのです。

 

フットサルはチームスポーツですから、仲が良いに越したことはありません。
単に、フットサルをやるためだけの間柄、というチームもあるとは思います。
人によっていろんな環境がありますから、そういうチームがあっても当然だと思いますし、否定するつもりもありません。

ですが、、、それでは本当の意味でのフットサルの楽しさを味わうことができないことも事実です。

いろんな環境のフットサラーがいることはわかりますが、” フットサルが好きで集まった人たち ”、ということに関してはどこのチームでも同じだと思うのです。

フットサルが好き ” という共通点だけあれば、お互いに分かり合うことも それほど難しいことではないのではないかな?と思うのです。

チーム内で仲良くすることを強制するつもりは全くありませんが、これだけは断言できます。

仲の良いチームの方が、絶対に楽しいフットサルができますよ!^^


【PR】 短期集中フットサル上達法!!これを見ればフットサルが上手くなる!!

 

このブログで目からウロコが落ちたら、ポチッとお願いします^^
SNSへの転載も是非!
↓↓↓
にほんブログ村 サッカーブログ フットサルへ
にほんブログ村


フットサル ブログランキングへ

 
スポンサードリンク

 

〔PR〕フットサルで汗をかいてもニオわない!!超強力消臭クリーム「クイックダッシュ」