いきなりですが・・・

日本人は、真面目です。笑

フットサルと何の関係があるの??
と、思われたかもしれませんが、大いに関係があるんです。

 
スポンサードリンク

 

日本人は真面目な人が多いです。
それ故に、真面目に頑張る人のことも大好きです。

真面目に頑張っている人を見ると、ついつい応援したくなりませんか?
かく言う私も、” 頑張っている人 ” は大好きですし、応援したくなります。

フットサルにおいても、頑張って走っている人のことはついつい応援したくなりますよね?

頑張る ” ということは、もちろんとても良いことです。
とても良いこと、
なんですが、、、頑張り方を間違えると、良い結果を招かないという場面が実は多々存在するのです。

フットサルで例えるならば。

味方からのパスがズレて、少し長めに(前目に)パスが出てしまったとします。
真面目な人ならば、そのズレたパスも全力で走って追うでしょう。
その結果、タッチラインを割る前にボールをしっかり止めて、そのままプレーできるなら何の問題もありません。

『よく走った!エライ!!』
ということになるでしょう。

ところが、全力で走ってタッチラインギリギリのところでボールを止めたにも関わらず、自分の体の勢いが止まらず駆け抜けてしまい、ボールだけ置き去りの状態になってしまうこともありますよね?
こうなると、結果的に相手にボールを奪われてしまい、場合によってはカウンターを喰らうこともありえます。
つまりは、” 頑張ったけど、走り損 ” になってしまうのです。

カウンターを喰らう、というのは、自分の体の勢いが止まらないことで、自分が即座にディフェンスに参加できず、数的不利な状況に陥ってしまうということです。

 
【PR】 短期集中フットサル上達法!!これを見ればフットサルが上手くなる!!
 

こうならないために。

頑張りすぎることをやめましょう。

この場合で言えば、100パーセント全力でダッシュすることをやめましょう、ということです。

何度も書いていますが、フットサルは切り替えのスピードが命のスポーツです。

100パーセント全力で走ってしまえば、急に止まれないのは当たり前です。
急に止まれなかったら、切り替えが遅くなるのも当然ですよね?

ですから、フットサルにおいては頑張りすぎてはいけません。
100パーセント全力で走ってはいけません。

だからといって、走るな!と言っているわけではありませんよ?笑

70パーセントの力で走りましょう!

ということです。

実は、ダッシュに限らず、シュートも、パスも、7割くらいの力でやるのがちょうどいいんです。

間違っても、100パーセントで走ったり、蹴ったりしないでください。

なぜか?って、、

・・・ クオリティが落ちるからです。

走ることで言えば、止まるべきポイントで止まれない、
シュート・パスで言えば、コースを狙うべきところでしっかり狙えない、
ということが起こりやすくなるんです。

7割の力で、余裕をもってプレーすることです。

それによって、逆にプレーの精度が上がってきます。

誤解のないように言いますが、
決して、手を抜け、と言っているわけではありません。

力みすぎるな、ということです。

真面目に頑張るのは、とても良いことです。
ですが、程よく『 あそび 』を持たないと、急な変化に対応することができなくなるのです。

なんだか、仕事にも通じるところがありますね^^

フットサルに真面目に取り組んでいると、仕事もできるようになります。

・・・と、私は思っています。笑

 
 

このブログで目からウロコが落ちたら、ポチッとお願いします^^
↓↓↓
にほんブログ村 サッカーブログ フットサルへ
にほんブログ村


フットサル ブログランキングへ

 
スポンサードリンク

 

〔PR〕フットサルで汗をかいてもニオわない!!超強力消臭クリーム「クイックダッシュ」