フットサルのポジションにおける適性について、前回は、『プレイヤーの気質・性格』の面からの視点で書きました。

今回は、『プレイヤーのサッカー/フットサル経験値』の面から書いてみます。

 
スポンサードリンク

 

ポジションの適性については、やはり、そのプレイヤーの経験値が大きく影響します。

サッカー経験者の場合は特に、オフェンスはオフェンス/ディフェンスはディフェンス、のみを重点的に練習する傾向があります。
ですから、当然のごとく、オフェンス経験者はオフェンスのプレーに傾きますし、ディフェンス経験者はディフェンスのプレーに傾きがちです。つまり、オフェンス経験者はディフェンスの意識が薄くなりやすく、ディフェンス経験者はオフェンスの意識が薄くなりがちです。

何度か書いていますが(フットサルとサッカーの違い ~切り替えのスピード~)フットサルは切り替えの速さが問われるスポーツです。

そのため、速いスピードでプレーしていると、無意識の判断や行動が出やすくなります。

つまり、、、

オフェンス経験者はオフェンスへ、ディフェンス経験者はディフェンスの動きになりがちなのです。

フットサルにおいて ” 切り替えが速い ”ということは、得意な攻撃でも守備でも、不得意な守備でも攻撃でも、すぐに攻守を切り替えなければいけないということです。

ということは・・・?

攻守が切り替わった瞬間に、自分が不得意な方のプレーに即座に切り替えできるのか?ということが、試合の流れを大きく左右するということです。

例えば、オフェンス経験者が、オフェンスの場面からディフェンスの場合に切り替わった瞬間に、すぐにディフェンスのポジションをとれるのか?すぐにディフェンスを開始できるのか?

また逆もしかり、ディフェンス経験者が、ディフェンスの場面からオフェンスの場合へ切り替わった瞬間に、すぐにオフェンスに参加できるのか?ということです。

つまりこれらが、プレイヤーのサッカー・フットサル経験から予想される、ポジションの適性です。

こういった情報をもとにポジションを決めていくと、やっぱり ” チーム力がアップする ” のです。

プレイヤーの適性、もう一度見直してみませんか??^^

  

このブログで目からウロコが落ちたら、ポチッとお願いします☆
↓↓↓
にほんブログ村 サッカーブログ フットサルへ
にほんブログ村


フットサル ブログランキングへ

 
スポンサードリンク

 

〔PR〕フットサルで汗をかいてもニオわない!!超強力消臭クリーム「クイックダッシュ」