フットサルのポジションに適正はあるか?

・・・と、そんなことを考えたことはありませんか?

 
スポンサードリンク

 

本来、フットサルでは全てのポジションをこなせるというのが理想です。
ピヴォもアラもフィクソも、” 全て ”、です。

ですから、練習においては、サッカーのように
オフェンス陣はオフェンス練習、
ディフェンス陣はディフェンス練習、
というふうに分けて練習するわけではありません。

ですがやはり、フットサルにおけるポジションの適性というのはあります。

その理由はいくつか考えられます。

まず1つは、そもそものプレイヤーの気質、です。

例えば、フットサル初心者に技術的なことは何も教えずに、フットサルのゲームをやるとしましょう。
そうすると、各々自分で考えて、プレーしはじめます。

するとどうなるでしょう?

 

【PR】 短期集中フットサル上達法!!これを見ればフットサルが上手くなる!!
 

フットサルの技術や戦術などは何も教えていない状態です。
にも関わらず、

・攻めたい人
・守りたい人

に分かれます。

フットサルについて知る・学ぶ以前に、これまで生きてきた中で培ってきた知識や情報、経験などが無意識レベルで総動員され、フットサルのプレーとして表現されるのです。

不思議ですね^^

加えて、性格的なモノも影響しますね。

強気な性格であれば、イケイケな感じで、どんどんゴールに向かって行って、シュートもバンバン打ちまくる傾向があります。
逆に、控えめというか、慎重な性格の場合、ディフェンシブになりやすく、派手に上がるようなことをしない傾向があります。

ですから、そのプレイヤーの気質を考慮して、ポジションを決めるようにすると、非常に良いパフォーマンスを発揮してくれます。

人間誰にでも、得意なことと不得意なことがあります。

不得意な部分を責めて、プレイヤーを萎縮させてしまうよりも、そのプレイヤーが得意なこと・良い部分を集めて、チーム力アップをはかる方が、ずっとずっと楽しいと思いませんか?^^

☆このブログで目からウロコが落ちたら、ポチッとお願いします^^
↓↓↓
にほんブログ村 サッカーブログ フットサルへ
にほんブログ村


フットサル ブログランキングへ

 
スポンサードリンク

 

〔PR〕フットサルで汗をかいてもニオわない!!超強力消臭クリーム「クイックダッシュ」