トラップの種類について

トラップにもいろいろな種類があります。

ベーシックなインサイドトラップ
フットサル独特の足裏トラップ
アウトサイドトラップ
ももトラップ
胸トラップ
頭トラップ

・・・などなど、おおまかなものはこれくらいでしょうか。

 
広告

 

誰にでも、「得意なトラップ」というのがあります。

その中でも、インサイドトラップは得意な人が多いと思います。

比較的よく使われるトラップですし、インサイドはキックでもよく使われる部分なのでとても使いやすいのです。

ですがその一方で、インサイドトラップが上手くできないという人も多いのではないかと思います。

おなじみのインサイドトラップなのに、なぜかうまくトラップできない・・・

そんな悩みを持っていませんか?


【PR】短期集中フットサル上達法!!これを見ればトラップが上手くなる!!

インサイドトラップがうまくできない理由としては、こんなことが考えられるのではないでしょうか?

⇒ ボールが足にミートしすぎてしまう。。。

先に述べましたが、インサイドは、キックでも用いる部位です。

インサイドキックにおいては、もちろんボールに足をミートさせることが大事です。

誰もが、『 ミートすること 』を意識してきたと思います。

実は、コレが、トラップがうまくできない原因なのではないでしょうか。

キックとトラップは、同じようで、真逆の結果を起こす動きです。

キックは、ボールを前に動かすこと。
トラップは、ボールを(自分の近くに)止めること。

ですから、インサイドキックのような感覚でインサイドトラップをおこなおうとすれば、ボールを弾いてしまうのは当然の結果とも言えます。

トラップなのにボールが足にミートしすぎて、ボールを弾いてしまう場面、、

よく目にしますよね。

その度に、監督や指導者から「トラップしっかり!」と怒られるような場面も多々見受けられます。

注意されてできるくらいなら最初からやってるよ!!

と言いたくなりますよね(苦笑)

 

そんなあなたへ。笑

万能ではないですが、ある1つの方法をお教えします。

インサイドトラップが、ミートしすぎてしまうのであれば、違う部位を使いましょう。

個人的におススメなのは、

アウトサイドトラップ 』です。

アウトサイドトラップは、インサイドトラップよりも、ボールの衝撃を吸収しやすいという面があります。

そもそも、アウトサイドの足の向きは力が入りにくいですし、ヒザも曲げやすいので、それがクッションとなってうまくボールの勢いを吸収することができるのです。

アウトサイドキックは使うけれど、アウトサイドトラップはあまり使わない

という方も多いと思います。

確かに、意識的に練習しようと思わないと、なかなかやらないトラップですよね。

でも、練習する価値のあるトラップだと思います。

アウトサイドトラップが最も活きる場面は、インターセプトの瞬間だったりします。

勢いよく前に進みながら、柔らかくトラップするのって難しいですよね。

インサイドトラップでは、確実に前にはじいてしまうと思います。

でも、アウトサイドトラップなら、ボールの衝撃を吸収しつつ、前にそのまま進むことができます。

これは是非試してみていただきたいですね^^

このアウトサイドトラップ以外でも、トラップを上達させる方法はあります。

それがコレです↓


【PR】短期集中フットサル上達法!!これを見ればフットサルが上手くなる!!

基本的なトラップだけでなく、トラップの効果的な使い方も解説されています。

今回の記事では、トラップをはじかないことについて触れた程度ですが、トラップというのは使い方次第で大きな武器となります。

トラップひとつで、ゲームの流れを変えることすらできてしまいます。

たかがトラップとあなどるなかれ。

トラップを軽んじる者はトラップに泣く。

本当にそうだと思います。
 

トラップ練習、真面目に取り組んでみませんか?


【PR】短期集中フットサル上達法!!これを見ればフットサルが上手くなる!!

 

このブログで目からウロコが落ちたら、ポチッとお願いします^^
↓↓↓
にほんブログ村 サッカーブログ フットサルへ
にほんブログ村


フットサル ブログランキングへ

 
スポンサードリンク

 

〔PR〕フットサルで汗をかいてもニオわない!!超強力消臭クリーム「クイックダッシュ」