フットサルの基本的な戦術の1つとして、

『 エイト 』

という動きがあります。

 
スポンサードリンク

 

エイトとは、数字の8のことであり、つまりは、数字の8の字を描くように動く戦術のことです。

フィクソ・アラがよく行なうパスまわしですが、このエイトの動きは本来の意味を考えないと、

” ただ無駄に疲れるだけ・・・ ”

という残念な戦術になりかねないため、実は注意が必要な動きです。

フットサル初心者がこのエイトの動きを習うという場合が最も危険です。
最初は、エイトの動きを覚えることに必死になりますから、そもそも何のためにエイトの練習をしているのか?が、わからなくなってしまうのです。

はい、では考えてみましょう。

エイトの動きは、何のために必要なのでしょうか?

・・・

・・・・・・

・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・
 


[PR]短期集中フットサル上達法はコチラ

 

考えましたか?

答えは、

『 試合に勝つため 』

ですよね?

言い方を変えれば、

『 得点するため 』
『 シュートを決めるため 』

ですよね?

シュートをするために、パスをつなぐワケです。
パスをつなぐスペースを作るためにエイトの動きをして、相手をかく乱するワケです。

ですから、エイトの動きをしていたとしても、常にタテのパスコースを狙っていなければいけないと思うのです。

なんでかって?

タテ方向に進む = 最短距離で相手ゴールに近付くことができる からです。

当たり前ですよね?笑
ヨコに進んでも相手ゴールは近くならないけど、タテに進めば確実に相手ゴールに近づきます。

故に、例えエイトの戦術を行なっていたとしても、常にタテへのパスコースを見ていなければなりません。

なのに・・・
エイトの動きをおこなうことで精一杯になってしまい、タテパスなどのシンプルな方法が見えなくなってしまい、肝心の『 攻める 』という選択肢を忘れてしまうプレイヤーが多いんですよね。
競技系のチームやそこそこレベルが高いチームにおいてもよく見られる傾向です。

〔PR〕フットサルで汗をかいてもニオわない!!超強力消臭クリーム「クイックダッシュ」

一体、何のために練習しているのでしょう??

しつこいですが、
『 試合に勝つため 』
ですよね??

シンプルに・最短距離でプレーすることを心掛けると、チームは自然と強くなっていきます。

まず、目的をしっかり思い出して、その目的を達成するための最も効率の良い方法を選択しましょう。

戦術は何のためにあるのでしょう?

戦術を練習するための練習になっていませんか?

試合で勝つための、得点するための、シュートを打つための戦術になっていますか?

難しいことはありません。

やることはいたってシンプルです。

それを難しくしてしまうのは、戦術ありきでフットサルを考えてしまう頭のカタイ監督・指導者なのですよ。

 
 

このブログで目からウロコが落ちたら、ポチッとお願いします^^
↓↓↓
にほんブログ村 サッカーブログ フットサルへ
にほんブログ村


フットサル ブログランキングへ

 
スポンサードリンク