フットサルの戦術において、パラレラという動きがありますよね?

パスを出した人がそのまま縦に抜ける動きで、割とスタンダードな戦術です。

 
スポンサードリンク

 

パラレラ=平行 という意味です。

何と平行なのか?
というと、サイドラインと平行という意味をあらわしています。

下記のイラストがパラレラの動きです。

para2
※黄色矢印=ボールの動き
 青色矢印 =人の動き

このパラレラという動きは、サッカーでももちろん基礎の基礎の動きです。
タテパスと呼ばれたりもしますよね?

鳥かごについて書いた記事がありますが、パラレラの動きも、正にこの鳥かごの動きです。
鳥かご練習の本当の意味、理解していますか?

サッカーとフットサルは異なるスポーツですが、どこにいればパスがもらえるか?という点においてはどちらも同じです。
もちろん、コートの大きさやボールの弾み方が異なるので、微妙な調整は必要ですが、基本的にパスを受けられる場所というのは同じです。

一言で言ってしまえば「敵がいない場所」ですね。
そういう意味では、ボールを持っている味方に対して、縦の位置というのはスペースが空きやすく、パスが通しやすい場所なのです。

単純に、ボールの両側+クサビの位置 にポジショニングすると、自然と縦のポジションになると思うのですが、これができない人が多いこと多いこと。
サッカー経験者でも、サイドのポジションをやったことがないプレイヤーはイメージしにくいのかもしれません。

サッカーは人数が多いので、自分が縦にポジショニングしなくても、他の味方が縦に走ってくれていたのかもしれません。
でもフットサルはフィールドに5人しかいません。
一番近い人が縦に走らなければいけないのです。
それでもし、縦のパスコースが切られてしまったとしても、その分必ず他のパスコースが開くはずです。
つまり、オトリの動きにもなるわけです。

フットサルは5人しかいません。
みんなで走って、みんながオトリになるつもりでパスコースを作り続けなければなりません。
強いチームというのは、常にパスコースがあります。
それも1コースだけではなく、4コース(ゴレイロ含む)です。
これは、誰一人としてサボらずに走っていて初めてできることです。
ただ足元の技術が高いだけではパスコースは作れないのです。

ここ、勘違いしないでくださいね。
ドリブルが大好きなチームよりも、サッカー未経験者でも常に走り続けてシンプルにパスをまわせるチームの方が圧倒的に強いんです。
やってみればわかります。
ドリブルを多用するチームは、スペースの狭いフットサルでは守りやすいのです。

話がそれてしまいましたが・・・
フットサルの戦術といっても、難しく考える必要はないと個人的には思っています。
チーム内でのイメージの共有をする上で、同じ言葉で同じイメージを描くために多少必要かな?とは思いますが、基本的な動きは鳥かごで網羅できるはずです。

まずは、鳥かご練習をしっかり行いましょう!^^
鳥かご練習の本当の意味、理解していますか?

 
 

このブログで目からウロコが落ちたら、ポチッとお願いします^^
↓↓↓
にほんブログ村 サッカーブログ フットサルへ
にほんブログ村


フットサル ブログランキングへ

 
スポンサードリンク