フットサルって、とても頭を使うスポーツです。
言い方が悪いですが、おバカな人にはフットサルはできません。
戦略的な部分で頭を使うという意味もありますが、それ以上に重要な、「賢さ」が必要なのです。
 
 スポンサードリンク

 

その「賢さ」とは?

「空気を読む力」です。

空気を読めない人… いわゆるKYな人は、なかなかフットサルが上手くなりません。
理由は簡単です。
フットサルは団体競技だからです。
団体競技だから、空気を読まずに身勝手なプレーばかりしていると、完全にチームから浮いてしまいます。

経験者でもたまにこーいう人を見かけませんか?
ドリブルが上手いのはわかるけど、、、敵がいてもなんでもドリブルを仕掛ける人。
相手が格下なのを良いことにドリブルをわざわざ仕掛けに行く人。
もっと確実な得点パターンがあるのに、強引にシュートする人。
とにかくパスが雑な人。
・・・などなど、「空気読めてないなぁ・・・」という人たち。

こういうプレーを繰り返していていると、チームから浮いてしまいますよね。
一緒にプレーしていても楽しくないのです。

逆に、「空気の読める人」というのは、自分以外の味方全てがよく見えています。
その上で、的確な指示を出せる人です。
パスそのものもやさしい。
パスの受け手が受けやすいパスを出すのです。
こういう人は、もちろん、まわりがよく見えているという時点でも、かなり上手い人なんですけどね、加えて気遣いができるということです。

個人技で抜けるだろうけど、そんなリスキーなプレーはしない、それよりも、味方を信じて、より確実なプレーをするのです。
こうすることで、味方も確実に上達していきます。
良いパスを受けていると、良いパスが出せるようになるんですよね。

フットサルって性格が出るなぁ~と思いますね。
上手い!と思う人は、人格者が多いです。
普段から、空気が読めない人で、フットサルだけが上手い人には出会ったことがありません(苦笑)

サッカーと比べると、人数が少ないので、より顕著に感じられるのでしょうね。
どーりでフットサルが上手い人はモテるわけです(笑)

フットサルを楽しみつつ、「空気の読める」素敵な人になりたいものですね^^

 
このブログで目からウロコが落ちたら、ポチッとお願いします
↓↓↓
にほんブログ村 サッカーブログ フットサルへ
にほんブログ村

 
スポンサードリンク