昨日の記事で、2016/2017年 サッカー競技規則変更が行なわれたと書きました。
今回は、その、サッカーのルールが変わることで、フットサルのルールにはどう影響するだろうか?ということについて、個人的に勝手に予想してみました。笑

 
スポンサードリンク

 

いくつか、ルール変更が行なわれた中で、特に気になったのは、

” キックオフ時、後方を含むどの方向に蹴っても良いが、ボールは蹴られて明らかに動いたときにインプレーとなる。 ”

という項目です。
これはつまり、今まではキックオフ時には必ず前方へ(相手陣内へ)ボールを入れてからでないとゲームが始まらなかったのに対し、ワンタッチ目から後方へ(自陣内へ)のパスもokになったということです。

簡単に言えば、
” キックオフ時に、ボールを後方に蹴ってもよい ” 
ということです。

このルールが適用されると、どうなるでしょう?

予想されるのは、
” キックオフ直後の戦術が変わってくる ” ことですよね。

サッカーでよく見られるのは、キックオフ後、2人目の選手が後方へバックパスし、それを後方の選手が前線に走り出した味方の選手に向かって大きく蹴る・・・というシーンです。

サッカーの場合、キックオフ時に相手選手が入れないエリアのセンターサークルも広めであり、相手選手が寄せてくるまでに多少の時間があるため、上記のような戦術を引き続き行なう際にはそれほど変化は見られないかと思います。
・・・とはいえ、選手がボールを蹴って飛ばせる距離が長ければ長いほど、このキックオフ時の競技規則の変更による影響は大きくなるとは思いますが。。

では、もしこのキックオフ時の競技規則の変更がフットサルにおいても適用されるようになったらどうなるでしょう?

そもそも、フットサルのキックオフ時、何も考えずにサッカーと同じようにバックパスしてからはじめるチームが非常に多いのが現状です。
これって、実はとてももったいないことだって、知ってました?

キックオフ=マイボールなんですよね。
せっかくのマイボールなのに、それをバックパスしてしまうということは、わざわざ自分たちで自陣にボールを引き入れてしまい、わざわざ失点のリスクを大きくしてから攻める、という形になるわけです。

” わざわざ自分たちが不利になるように動いている ” のです。

サッカーの場合だと、ちょっと難しいのですが、フットサルなら味方との距離感が近いので、キックオフのワンタッチ目から斜め前方に蹴って味方にパスすることが可能なんですよね。
これができるだけでも、失点のリスクがグッと下がり、尚且つ得点チャンスも作りやすくなるわけなのですが、そこにキックオフ時に後方へのバックパスもokとなれば、相手から読まれにくい方法で前方にパスを出す戦術が考えられそうです。

例えば、細かくて速いダイレクトパスを3本つないで、前方へ走り出した味方に合せるパスを出すとか、ほぼ真横にパス⇒タテパス⇒シュートorシュートパスとか。。

ちょっと話がそれますが、キックオフ1つにしても、キックインにしても、ゴールクリアランスにしても、それらのプレーを最大限に有効活用することを意識することは非常に大切なことです。
コレができない、考えられないフットサルプレーヤー、指導者、監督がまだまだ多いのが現状です。

『なぜそのプレーをするのか?』
1つ1つのプレーには必ず意味があります。
でも実際には指導者ですらそのプレーの意味を説明できないことが多いです。
これだとチーム力はなかなか向上していかない。

指導者を含め、選手全員がプレーの意味を考えて動くようにすることで、どんどん臨機応変に動けるようになっていきます。
結果的にそれがチーム力になるわけで、試合をしても勝てるようになるのですよね。

試合に勝つと嬉しいし、楽しいけれど、その前段階として、チーム内全員がプレーの意味を理解して、自発的に動いて、味方に合せられるようになると、おもしろいようにパスがつながるようになります。
信頼関係がどんどん強くなっていきます。
この状況がまず楽しくてたまりません^^
なおかつ試合に勝てたら??

もー たまりませんね!笑

話がそれすぎましたが(汗)、
1つのプレーの意味を考えるキッカケとして、まずはキックオフについて考えてみるというのも良い機会ではないかと思います^^

このブログで目からウロコが落ちたら、ポチッとお願いします
↓↓↓
にほんブログ村 サッカーブログ フットサルへ
にほんブログ村


フットサル ブログランキングへ

 
スポンサードリンク