いわゆる上手い人って、ボールタッチが上手いです。
上手いというか、柔らかいですね。
素人が見ても違いがわかるくらい、柔らかいです。
 
 スポンサードリンク

 
ボールタッチが上手くなるいちばんの利点は、ボールをキープできるようになることですが、それ以上に大きな利点は、
「ボールをキープできるという精神的な余裕」
が持てるようになることだと思います。

初心者からフットサルをはじめた場合によくあることなのですが、敵がプレッシャーをかけてきただけで、ボールタッチをミスして、自らボールを失ってしまうことがあります。ですが、ボールタッチに自信が出てくると、気持ち的に余裕が出てくるんですね。

この効力は大きいです。
フィクソのポジションでパスを受けたときなどは、精神的に余裕があるだけで、まわりがしっかり見えますし、良いパスが出せます。

ただ1つ、間違って欲しくないのは、、、
ボールキープに自信があるからといってボールを持ちすぎたり、ドリブルに走ったりしないことです。これらをやってしまうと、味方がしんどくなってしまうからです。

なぜか?

・・・スペースをつぶしてしまうからです。
1人がボールを持つ時間が長くなると、それだけ有効に使えるスペースが少なくなってしまうのです。

フットサルはコートが狭いですから、限られたスペースをいかに使って攻めるか?どれだけ速く攻め込めるか?
が重要になってきます。
それなのに、1人で長くボールを持ってしまうと、敵にスペースを消す時間を与えてしまうのです。

ボールタッチはもちろん上手い方が良いですが、くれぐれも個人プレーに走らないようにしたいものです。

 
このブログで目からウロコが落ちたら、ポチッとお願いします
↓↓↓
にほんブログ村 サッカーブログ フットサルへ
にほんブログ村


 
 スポンサードリンク