パスの精度を上げるために必要なこと

正確なパスを出せるようになりたい!
と、思ったことはありませんか?

正確なパスが出せるようになれば、今以上にゲームの幅が広がるし、
ゲームメイクもできるようになるし、良いことしかありませんよね^^

基本的に、フットサルにおけるパスコースというのは一瞬しか開きません。
ですから、その一瞬に、正確なパスを出す必要があります。

パスを出すためには2つの技術が必要です。

● ひとつは、蹴りたい場所に正確に蹴る技術。
● もうひとつは、パスコースがあいた瞬間に蹴る技術。
前者は、いわゆる基礎技術ですね。
後者は、タイミングが全てです。

 
スポンサードリンク

 

今回は、後者の「パスコースがあいた瞬間に蹴る技術」について書きます。

良いパスというのは、敵の間のパスコースがあいたその瞬間に、
味方が受けやすいタイミングでパス出すことだと思います。

これ、ドリブラーだとできる人が少ないんですよ。
ドリブラーは、自分のドリブルに自信を持っています。
故に、常にドリブルすることを考えているので、
味方の位置の把握やパスコースを探すよりも、
目の前の敵の動きだけをよく見ているのです。

そのため、パスコースがあいた瞬間に絶妙なパス!
という場面が少なくなりがちなのです。

決して、ドリブラーが悪いという意味ではありません。
ただ、パスも考えた上で、ドリブルの選択肢を持つようにすると、
より効果的だと思うのです。

パスコースができるタイミングは何度か訪れますが、
理想は1回目のタイミングでパスを出すことだと思います。
1回目のタイミングならば、パスの受け手の意識もそろっている場合が多いからです。
これが、1回目のタイミングを逃して、2回目、3回目になると、
パスの受け手との意識がズレてきます。
つまり、パスがつながりにくくなるのです。

パスのタイミング、是非意識してみてくださいね!^^

このブログで目からウロコが落ちたら、ポチッとお願いします
↓↓↓
にほんブログ村 サッカーブログ フットサルへ
にほんブログ村


フットサル ブログランキングへ

 
スポンサードリンク

 

〔PR〕フットサルで汗をかいてもニオわない!!超強力消臭クリーム「クイックダッシュ」

【PR】汗をかいてもニオわない!!超強力消臭クリーム「クイックダッシュ」