切り替えの速さを身につける方法

フットサルにおいて、

『 切り替えを速く! 』

と、よく言われますよね。
Fリーグ所属のフウガドールすみだというチームでは、
” 切り替えゼロ秒 ” 
というフレーズまであります。

 
〔スポンサードリンク〕

 

この、切り替えを速くするということについて、
選手たちは本当に理解できているでしょうか?
しっかりと理解した上で、実践しようとしているでしょうか?

おそらく、理解する段階でつまずいている選手が多いと思います。

そもそも、切り替えのタイミングとはいつでしょうか?

フットサルは攻守の切り替えが大事!
と言われますが、具体的には、どこで切り替わるのでしょうか?

指導者の方は、きちんと具体的に答えられるでしょうか?

前回の記事でも触れましたが、
教えるということは、こういう細かい部分まで理解していないとできません。

話がそれましたが、、、

攻守の切り替えが必要な場面はたっくさんあります。
レベルが上がれば上がるほど、そういう部分にこだわりますから、
それこそ切り替えのタイミングは無数にあることになるのです。

ですが、分かりやすい例で書いてみます。

例えば、ボールがラインを割ったとき(ボールがコートの外に出たとき)、
一端、ゲームの流れは切れますが、
次のプレーに意識を集中させなければいけません。

マイボールなのか?相手ボールなのか?
これによっても、次のプレーは180度変わります。
マイボールなら、最短距離でシュートすることを考えますし、
相手ボールなら、シュートさせないことを意識します。

こういうことを、ボールがコートから出た瞬間に、
むしろ、ボールがコートから出そうだと感じた瞬間に、
考えなければいけません。
これが、つまり、『切り替える』ということです。

もう1つ例を挙げますと、
ボールを奪われたとき、奪われそうなとき、
すぐに攻撃から守備の意識に変える必要があります。

「あ、とられちゃった~」
と言って、てれてれ走っていては、すぐにシュートを打たれてしまいます。
逆に、素早く切り替えて、相手を追って走っていれば、
シュートを打たれないどころか、途中でまたボールを奪い返すことができるかもしれません。
この切り替えができるかどうかで、失点の確率が変わってきます。

実は、攻守の切り替えと言いつつも、
攻撃と守備がハッキリ切り替わるとも限りません。
サッカーにおいてもそうではありますが、
サッカーに比べてフットサルは展開スピードが非常に速いため、
攻守の切り替えのタイミングがめまぐるしく変わります。

つまり、理想は、コート内でプレーしている間は、
常に集中していなければいけないということです。
切り替えが必要になるというのは、攻守が切り替わったときに
アタマがオフになってしまうからなのです。
アタマがしっかり集中できていれば、攻守の切り替えの場面でも、
しっかり付いていくことができます。

しかし、人間の集中力というのはそれほど長くは続きません。
運動している状況なら尚更です。

ですから、2分間も集中してプレーしてたら、疲れて動けなくなるはずです。
それが5分も10分も動けるというのは、集中が切れている証拠です。
どこかに必ずアタマがオフになっている瞬間があるはずです。

だいぶレベルの高い話になってしまいましたが、、
まずは、ボールがコートから出たときの切り替えから意識してみませんか?

” 切り替えゼロ秒 ” やってみよう!
と思ったら、ポチッとお願いします^^
 ↓↓↓
にほんブログ村 サッカーブログ フットサルへ
にほんブログ村


フットサル ブログランキングへ

 
〔スポンサードリンク〕

 


『サッカー&フットサルのトッププレーヤーになるための基礎トレーニング』 ~世界のトッププレーヤー達はフットサルから学んでいた~ 【FAF0001】