なんでそんなプレー思いつくの?

と聞かれることがよくあります。

 
スポンサードリンク

 

自分ではそこまで意識して得た技術ではないのですが、
ハタから見ると、

「 んんっ!?」

と思うプレーをするらしいです。
確かに、瞬間的にそのプレーを思いつくことは多々あります。

〔PR〕フットサルで汗をかいてもニオわない!!超強力消臭クリーム「クイックダッシュ」

おそらくですが、それらは、これまでの蓄積から生まれているものだと思います。
私は比較的自由にフットサルに取り組んできました。
基本はエンジョイ志向で、とにかく『楽しく』フットサルをやってきました。
当然、その中で怒られるなんてことはなく、ノビノビとやってきたわけですが、
もし、指導者や監督に怒られながらやっていたら、
今こんなプレースタイルにはなっていなかったと思います。

指導者や監督に怒られながらやっていると、
常に「怒られないためのプレー」をするようになります。

なんのために練習しているのか?
なんのためにそういうプレーをするのか?
なんて、そんなことは全く考えなくなります。
従って、創造的なプレーというのは生まれなくなります。
つまり、発想の乏しい選手になってしまうのです。

これに関しては男女差も大きいと思うのですが、
男子の場合は、もともと自分で考えることが好きな人が多いので、
例え怒られたとして、自分の信念に基いてプレーすることができたりします。

ところが女子は、怒られるとどんどんプレーの幅が狭くなっていきます。
男子的なアタマの使い方ができる女子なら良いですが、
そうでない 一般的な女子の場合は、萎縮する一方です。
萎縮してしまうと、、
当然、良いプレーは生まれません。

つまり?

良いプレーは、
” フットサルをのびのび楽しむこと ”
から生まれるんですね^^

このブログで目からウロコが落ちたら、ポチッとお願いします^^
 ↓↓↓
にほんブログ村 サッカーブログ フットサルへ
にほんブログ村


フットサル ブログランキングへ

 
スポンサードリンク

 

【PR】汗をかいてもニオわない!!超強力消臭クリーム「クイックダッシュ」