先日、久しぶりに男子のフットサルの試合を見に行ってきました。

数年前に比べて、だいぶレベルが上がってきたなぁ~
と思うと同時に、
やっぱり女子とは動きが違うなぁ~
と再認識させられました。

 
スポンサードリンク

 

男子と女子で何が違う?って、

●足が伸びる距離が違う
●1歩が違う
●足の速さが違う
●1人当たりの守備範囲が違う
●キック力が違う
●蹴れる距離が違う
●キーパー(ゴレイロ)の守備範囲が違う
●キーパーの肩が違う

・・・などなど、です。

簡単に言えば、身体能力がまるで違います。
軽く、女子の倍以上の動きができてしまうんですよね。

〔PR〕フットサルで汗をかいてもニオわない!!超強力消臭クリーム「クイックダッシュ」

ここからは、
特に「女子フットサルの指導者の方」に読んでいただきたいのですが、
上記のような、女子との違いを見て、どう思われたでしょうか?
男子と同じ戦術が使えると思うでしょうか?

そうは思わないはずです。
ところが、男子と同じ戦術を取り入れてしまう指導者・監督が多いのが現状です。
指導者・監督も男性の方で、ご自分も経験者の場合が多いので、
仕方ないことなのかもしれませんが、、、

はっきり言って、男子と同じ戦術は、女子には不可能なのです。

何となく、形式的にそれっぽくプレーすることはできると思います。
でも、本質的には全く異なるプレーになるでしょう。
それでは、女子フットサラーの良さを引き出すことができません。

女子選手のレベルにもよりますが、、
基本的には、男子選手の身体能力の半分以下と考えてみてください。
正確にパスが通せる距離も、男子なら横幅20mでもしっかり蹴れますが、
女子でその距離のパスを強く正確に蹴れる選手は少ないです。

相手ディフェンスの裏を取るためのロングパスも、
男子なら簡単に通りますが、女子だとなかなか難しいです。

走る速さについても同様です。
例えば、男子と同じリズムのワン・ツーパスなんて、まず追いつけません。

このように、男子選手と女子選手の身体能力の差について、
指導者・監督の方には今一度考えてみていただきたいと思うのです。
そうすることで初めて、女子選手に合った戦術を考えることが可能になります。

女子フットサラーの可能性を伸ばしてあげるために、、、
よろしくお願いしますm(__)m

このブログで目からウロコが落ちたら、ポチッとお願いします^^
 ↓↓↓
にほんブログ村 サッカーブログ フットサルへ
にほんブログ村


フットサル ブログランキングへ

 
スポンサードリンク