今日は指導者の方に向けて書いてみます。

指導者として最も大事なことは、もちろん選手の能力を伸ばしてあげることです。
指導者なら誰でも意識していることだと思います。
しかし中には、選手を伸ばしてあげようと思う気持ちが強すぎて、
逆に成長を遅らせてしまう方法を選択してしまう指導者もいます。

その典型的な方法の1つが、「教えすぎてしまうこと」 です。

教えることは大切なことです。
ですが、教えすぎてしまうと逆効果になります。

なぜか??
スポンサードリンク

選手が自分のアタマで考えようとしなくなるから、です。

自分で考えなくても、指導者が教えてくれるのですから、考えようとする意識はストップします。
結果、応用能力に乏しい選手になってしまいます。

そのため、練習メニューを作るにしても、
・いかに選手たちにアタマを使わせるか?
・自分のアタマで考えさせるか?
を考えて練習メニューを作る必要があります。

以前の記事でも書きましたが、ゲーム性を取り入れると効果が出やすいです。
真面目な練習だと正解が1つだけだと思うせいか、思考はストップしやすいのですが、
ゲームだと思うと、自然とアタマを使うようになるんですよね。
何よりも、ゲームを行なう場合には、指導者が教えすぎるという心配がなくなります。
ただそのゲームで勝つために、
・どうやったらうまくいくのか?
・どうやったら勝てるのか?
これらを自然と考えられるようになるのです。
これらの疑問は、フットサルが上手くなるためにはとても重要なことですよね?

そして、こういう練習を続けていくと、
”この練習は何のための練習なのか?”
ということまで自分のアタマで考えられるようになります。
そうなれば、倍以上のスピードで上達していきます。
練習の意味が分かれば、どんどん応用できるからです。

フットサルにおいて、全く同じシチュエーションなんて存在しません。
なので、あくまである程度パターン化されたシチュエーションの練習しかできないのです。
ここで、自分のアタマで考えられる選手は、同じ練習でも非常に多くのことを学ぶことができるのです。
全ては応用次第なので、1つ教えればいくらでも応用してできるようになるのです。

〔PR〕体臭も強い方専用消臭クリームクイックダッシュ」

冒頭で書きましたが、指導者が1から10までしっかり教えすぎると、
上記のような、自分のアタマで考えるということをしなくなります。
というか、できなくなります。
つまり、指導者が教えすぎるという行為は、
選手たちが”自分のアタマで考える練習”の機会を奪ってしまうのですね。

指導者は選手の何倍もアタマを使わなければいけません。
ただフットサルのセンスがあるというだけでは指導者にはなれないのです。
センスがある人ほど、何でもかんでも言いたくなります。
でも、本当に選手を伸ばしたいと思うのであればそれは逆効果になります。

選手が自分のアタマで考えられる脳力をつけてあげること

これが指導者の本当の役割なのではないでしょうか?

 

 

このブログで目からウロコが落ちたら、ポチッとお願いします
↓↓↓
にほんブログ村 サッカーブログ フットサルへ
にほんブログ村


フットサル ブログランキングへ
スポンサードリンク