当然のことながら。
男子と女子って違うんですよね~。笑
フットサルで言えば、もちろん体格差があるわけで、足の長さが違う、筋力が違う、スピードが違う、キック力が違う・・・などなど、書かなくてもわかりますよね。
でも意外と知られていないのが、考え方の違いです。
一時期、男脳と女脳の違いに関する本がブームになりましたが、正にソレです。

フットサルをする・指導する上でも、男女の違いというのは大きいです。

例えば。
指導者が指示を与えたとき。
男性は、コレは何のためにやるんだろう?
その目的のためならば、こういう動きも応用できるな。
という発想になります。
つまり、理由がないと動かないけれど、自分で自由に応用することができます。
 
スポンサードリンク

 
逆に女性の場合は、とにかく素直に指導者の指示に従います。
なぜその練習をしているのか?を自ら考えることは稀です。
良く言えば従順、悪く言えば応用が利かない。

そのため、女性の指導者は、毎回しっかりと練習の意図を説明してあげなければいけません。
コレがおろそかになっている男性指導者が非常に多いです。
男性に指導するのとは全く別物だと考えた方が良いです。
そうでないと、「練習のための練習」になってしまいます。

練習の意味・動きの意味をしっかり説明できれば、女性プレイヤーは驚くほど伸びます。
この、練習の意味や動きの意味を説明するというのが、実は難しいのですよね。
指導者自身は感覚的にできてしまう場合が多いので、そうでない人に言葉でしっかりと説明することが難しい。
でも、指導者というのは、それができてはじめて「指導者」です。
ひとりよがりにならず、プレイヤーがしっかり動けるように指導していくことが指導者の務めです。
加えて、「褒めること」も忘れずに。

プレイヤーはもちろんのこと、指導者はプレイヤーの何倍もアタマを使うポジションなんですよね^^
 
スポンサードリンク

 
このブログで目からウロコが落ちたら、ポチッとお願いします
↓↓↓
にほんブログ村 サッカーブログ フットサルへ
にほんブログ村


フットサル ブログランキングへ