”鳥かご”、ちゃんとできますか?

鳥かごとは、主に4人 対 2人行なうボール回しで、
4人がボール回し=オフェンス役、
2人がボールを奪う=ディフェンス役
になります。

サッカー部なら必ずやったことがある練習でもあります。
サッカー部でなくても、ゲーム前のアップ代わりにやったりするのではないでしょうか?

この鳥かごですが、実はサッカー・フットサルにおける基本的な動きが全て詰まっている練習なんですよね。
オフェンス側は、単純なパス&トラップの技術も必要ですが、
トラップの位置・パスコースの探し方・顔を出す動き・フォローの仕方(※)
なども学ぶことができます。
ディフェンス側なら、チャレンジ&カバーの意識をつけることで効率的にディフェンスできるようになります。

(※)
顔を出す = 顔を出すボールを持っている味方に対して、パスがもらえる位置に動くこと。

フォロー = ”顔を出す”と同じような意味だが、特に、ボールを持っている味方がディフェンスに囲まれ身動きが取れなくなりそうなとき・身動きがとれなくなっている状態のときに、主に後方でパスをもらえる位置に動くこと。さらに、パスが出せる位置にいるということを声を出して教えてあげること。

チャレンジ&カバー = ボールをもった相手に一番近いディフェンダー、一番に相手にディフェンスしにいく人がチャレンジ役で、ファーストディフェンダー・1枚目とも言う。チャレンジ役の後方を広く守るのがカバー役で、2枚目とも言う。チャレンジ役が1方のパスコースを切り、その他のパスコースを広くカバーリングする。

 
スポンサードリンク

 

特に鳥かごのディフェンス役のときですが、
男子の場合、身体能力が高かったり、足が伸びたりするので、
さほどポジションを気にしなくてもボールを奪うことができてしまいます。
でもこれでは上達しません。
本来の練習の意味を考えましょう。
ディフェンス役は、とにかく2人のディフェンスの間にパスを出されないようにします。
いわゆる、ピヴォへのパスを通させない!ということです。
これを実行するためには、ディフェンス2人の役割分担、バランスが重要になります。

まず、ボールに近いディフェンダーが素早く寄せます。
このとき、必ず1つ以上のパスコースを切ってください。
2人目のディフェンダーは、そのカバーリングです。
1人目の切ってくれたコース以外のコースをケアします。
つまり2つのパスコースを見なければならなくなりますが、優先すべきはディフェンダーの間にパスを通されないことです。

間のコースを意識すると、当然、左右の横パスは通されやすくなります。
でもこれは大きな問題ではありません。
実際の試合でもそうですが、左右の横パスは、決定的なチャンスを生むことはまずありません。
鳥かごでも同様で、尚且つ、鳥かごならパスコースを狭くすることになるので、結果ボールを奪うことができるのです。

経験者が遊びなどで鳥かごをやっていると、
「間を抜けたらチャリ~ン♪」
・・・みたいな感じで、自然と間にパスを通されてはいけないということが認知されています。
ですが、それを防ぐにはどうしたらいいか?
試合ではどう応用すればいいのか?
ということがイメージできない人も多いようです。

大事なのは、チャレンジ&カバーですね。
1人で守るのではなく、2人で守る。
試合なら、全員で守るということです。
1枚目が抜かれても、2枚目がカバーできるポジション。

お互いの距離感や信頼関係があってはじめて、良いディフェンスができるのだと思っています。
正にチームスポーツですよね。
フットサル以外の部分での信頼関係もすごく大事だと、個人的には思っています。
そういう意味で、「上手い人」というのは、人格者とも言えますね^^

このブログで目からウロコが落ちたら、ポチッとお願いします
↓↓↓
にほんブログ村 サッカーブログ フットサルへ
にほんブログ村


フットサル ブログランキングへ

 
スポンサードリンク