上手い人は、力まないんです。
常に70%くらいの力でプレーしていて、いざというときだけ、100%の力を出すのです。
不思議に聞こえるかもしれませんが、力まないことで、強いパスやシュートが蹴れるようになるんですよね。
体全体を柔らかくしなやかに使うことができるからでしょうかね。
ムチのように足を振ることができて、尚且つ、ボールに足をミートさせることが容易になるんですね。
結果、強いキックが蹴れる、と。
 
スポンサードリンク

トラップも同様に上手くできるようになります。
力まないので、弾かなくなるんです。
良い具合に力が抜けているので、ピタッとおさまるんですよね。

女性で、初心者のうちは、まだ足に筋力がないので、すんなりおさまるということも多いです(笑)
が、、徐々に筋力がついてくると、まるでダイレクトパスのように、豪快にボールを弾いてしまいます。
これが正に、力みの始まり(^^;

そこからさらに回数を重ねていくうちに、徐々に徐々に、力まなくなっていくんですね。
これができるようになると、それまで以上に視野が広がります。
自分の選択肢も増え、、、
というか、冷静に状況を見ることができるようになって、

右にパス!・・・と思ったけど、敵がいるから、やっぱり左にパスだっ!!

ということができるようになります。
コレも力みがないからこそできるコト、です。

では、力みをなくすにはどうしたらいいか?

・・・まずは、練習あるのみですね。笑
回数を重ねることで、無駄な動き・力みが消えていきます。
でも、ただやるだけじゃダメ。
ココでも、アタマを使うことを忘れずに。

いろんな蹴り方、いろんな止め方がある中で、自分にはどの方法がいちばん合っているのか?
を、アタマを使って探してください。
少しずつ少しずつ微調整して、試してみて、、、
と、そんなことをやっていると、ある日突然、「閃きます」。
そして、その頃には、無駄な力みも減っていることでしょう。

ではでは、そのアタマの使い方、微調整の仕方についてですが、
・・・それはまた次回に書きます。笑

あぁ、なるほどね~ って思ったら、ポチッとお願いします^^
↓↓↓
にほんブログ村 サッカーブログ フットサルへ
にほんブログ村

フットサル ブログランキングへ
 
スポンサードリンク