フットサルの指導者の方へ。

選手、プレイヤーを「褒めて」いますか?
怒る、怒鳴るばかりでは、いけませんよ?
ちゃんと褒めていますか?

怒られて伸びる人も、稀にいますが、あくまで、「稀」だと思います。
人間、誰でも褒められたいし、認められたいはずです。その欲求をうまく利用して、何倍もレベルアップできるんですよね。

褒めるメリットは、
そのプレーが良いプレーであることを理解できる。
自信がつく。
のびのびプレーできる。
発想が豊かになり、チャレンジ精神が生まれる。
・・・などです。

逆に怒ると、、
萎縮する
怒られないプレーを選択する
消極的なプレーになる
自信をなくす
・・・など、良いことはない気がしますね。

自信がつくと、自分で自分のプレーを選択することができるようになります。
何が良いプレーなのか?を、褒められることで学んでいるからです。
自主的なプレーは、見ていても清々しいものがあります。
もちろん、やってる本人がいちばん楽しくて気持ち良いんだと思いますが。

褒めると、選手と指導者の信頼関係もしっかりしてきます。
褒めるというのは、簡単そうで意外と難しく、、実は怒る方が何倍も簡単なんですよね(笑)
だからこそ、ささいなことでも的確に褒めてあげると、選手のモチベーションがぐんぐん上がっていく。あ、ちゃんと見ていてくれるんだな。と思うので、信頼が生まれる。
フットサルは、指導者も含めてチームスポーツなんですよね。お互いに信頼し合えなければ、チームはなかなか強くなっていかない。この辺りをないがしろにしているチームが多いこと多いこと。。選手は良いモノを持っているのに、それを上手く発揮できていないとしたら、明らかに指導者の責任です。

ちゃんと褒めてあげてください。
それだけで、見違えるほど上手くなりますから。
 
このブログで目からウロコが落ちたら、ポチッとお願いします
↓↓↓
にほんブログ村 サッカーブログ フットサルへ
にほんブログ村

フットサル ブログランキングへ

スポンサードリンク