ドリブルが上手い人というのは、ドリブルを使うシチュエーション・タイミングがうまく計れる人だと思います。
基本はパスを選択することが多く、でもいざというときにはキレのあるドリブルをする。
・・・というか、フットサルにおいて、ドリブルが効果的な場面ってかなり限られますからね。
その限られた場面でのみ、ドリブルをする、というのが、本当に上手い人です。

この人は必ずドリブルする(必ずボールを持つ)という印象を相手に与えてしまうことは非常にマイナスです。
選択肢が少ないことは、ディフェンスしやすいということだからです。
そりゃそうですよね?
動きが読めるなか、かんたんに守れますしね。

ドリブルと反対のプレー と言ったら、どんなプレーを思い浮かべるでしょうか?
 
スポンサードリンク

私は、「ダイレクトパス」 だと思います。
ダイレクトパスは、ディフェンスの的を絞らせません。
あっ!
と、思わせる一瞬しか ボールに触らないからです。

ドリブルよりもね、パスの方が速いんです。
人がボールを運ぶより、ボールを蹴った方が、ずーっと速いんです。
だから、相手は守りにくい。
というか、守れない。

そういった、ダイレクトプレーを多く活用しているプレイヤーが、突然ドリブルしたら・・・?
相手のディフェンスは、もっともっと守りにくくなるでしょう。
そうなれば、もはやこちらのペース。
いろんな幅を持たせて、いろんな攻撃ができるようになります。

この上手さは、分かる人にしか分からないと思います。
一緒のチームでプレーしてみないと、その頼もしさは分からないと思います。
そんなに目立つワケではないけれど、ドリブラーよりも遥かに楽しく勝てるようになります。
それは保障します。
むやみやたらにドリブルし、相手を巻き込んで怪我させてしまうようなプレイヤーが少なくなることを、切に願います。。

少しでも共感できたら、ポチッとお願いします
↓↓↓
にほんブログ村 サッカーブログ フットサルへ
にほんブログ村

フットサル ブログランキングへ
 
スポンサードリンク