フットサルは、全員で攻め・全員で守ります。
この感覚、サッカー経験者にはそうとう難しいようです。
例えば、フォワード出身の選手なら、自分の位置より前線にボールが動いた場合、その位置までディフェンスしに戻ることはまずありません。その逆もしかりで、センターバックの選手がキーパーの目の前までドリブルを仕掛けることは稀です。(最近のサッカーでは無くは無いですが。。)

ある程度のレベルまでは、ピヴォの選手がDFをサボってもさほど影響しないかもしれません。
ですが、競技系のようなシビアなフットサルとなると、ピヴォのDFの出来が勝敗に大きく影響します。

なぜか?

 
スポンサードリンク

 

何度か書いていますが、フットサルはサッカーに比べてコートが狭いのです。
特に男子の場合、ハーフラインを越えたらもうシュートレンジです。
つまり、ちょっとでも緩いDFをしてしまうと、すぐにシュートを打たれてしまうのですね。
それを防ぐためにも、ピヴォのDFが必要かつ重要になってくるということです。

具体的には、寄せ方です。
相手に寄せるタイミングと距離感が重要です。
寄せるタイミングが悪いと、簡単にかわされてしまったり、簡単にシュートを打たれてしまったりします。
また、距離感が悪くても同様です。単にかわされてしまったり、簡単にシュートを打たれてしまいます。

良い寄せ方の例えがあります。

「ボールと一緒に旅をする」のです。

つまり、パスが動いているときに寄せて行き、パスが相手に到達した瞬間にボールを突ける距離感まで寄せてしまうのです。
これをやられたら、なかなか冷静に対処するのは難しいと思いませんか?
パスを受けた瞬間、目の前にディフェンスがいるのですからね(笑)

欲を言えば、2枚目のDFは虎視眈々とパスカットを狙いに行きたいところです。
この連携の有り/無しで、かなりDF力に差が出ます。

この寄せ方が身についてくると、ピヴォがディフェンスしないことに恐怖を覚えるようになります(笑)
ピヴォより後ろのディフェンスは確実に守りやすくなるはずですからね。
男女問わず使えるモノなので、是非身に付けていただきたいですね。

 
スポンサードリンク