サッカーとフットサルの違いは○○をいかに作り出せるかにかかっている!?


サッカーとフットサルの違い、

それは、コートの広さの違いです。

つまり、” スペース ” の違い。



スポンサードリンク


サッカーのコートは広いため、スペースがたくさんあります。

もちろんスペースを作り出すことが必要な場面も多々ありますが、フットサルの場合のソレとはまた少し違う意識が必要になります。

フットサルにおいてスペースを作り出すというのは、つまり、時間を稼ぐということでもあります。

あと一瞬待てば、ソコにスペースができる!

という感覚です。

そのための時間をいかにして稼ぐか?

これがなかなか難しい。



フットサル特有の動きとして、フェイクというのがありますが、これはまさに、時間を稼ぐための技の1つです。

・・・知らなかったでしょう?笑

もちろん、相手のタイミングをズラす、という意味もありますが、時間を作るという大事な技術なのです。

実は、教える側もよくわからずに教えている場合がほとんどなのでですが。。



時間をいかに作り出せるか?

カッコよく言うと、

いかに時間を操るか?

これがフットサルの醍醐味であり、最も難しい部分だと思います。

時間を作り出す技術は、何もフェイクだけに限りません。

ちょっとしたボールコントロール、ちょっとした蹴るタイミングのズレ、目線の動きによるフェイント、ボディフェイント、などなど、時間を操る方法はいくらでもあるのです。

いくらでもあるのですが、それらを自由自在に使えるプレーヤーは非常に少ないです。

逆に言えば、時間をうまく操れれば、思うようにゲームを展開できるということです。



時間を操る

その方法について、今日から考えてみませんか?




☆このブログで目からウロコが落ちたら、ポチッとお願いします^^
↓↓↓
にほんブログ村 サッカーブログ フットサルへ
にほんブログ村


フットサル ブログランキングへ



スポンサードリンク