タテパスのもらい方


いきなりですが、「タテパスのもらい方」わかりますか?

これまでも何度か感じたことがあったのですが、タテパスのもらい方があまり上手じゃないプレイヤーをよく見かけるのです。
ここで言う ” タテパス ” というのは、サイドライン際でのタテパスを指します。

タテパスのもらい方があまり上手じゃない・・・と感じる理由は、パスの出し手がパスを出しにくいと感じてしまうようなポジションに、パスのもらい手がいる、ということです。



スポンサードリンク


これまで幾度となく書いてきましたが、フットサルはコートが狭いんです。コートが狭いから、スペースを効率よく使わないと、うまく展開できません。ですから、パスの出し手が「パスを出しにくいな・・・」と思ったら、ほぼパスはつながらないと思ってもらえればわかりやすいかと思います。

「パスを出しにくいな・・・」と感じる理由の1つは、パスももらい手のポジション(位置)に問題があります。ポジションに問題があるというのは、簡単に言えば敵に近い・スペースがない位置にいる、ということです。パスを出そうとしている位置に敵がいたら、普通はパスを出しませんよね?
フットサルはスペースが狭い競技なんです。何も考えずにポジショニングしていると、すぐ近くに敵のディフェンスが寄ってきてしまうんです。そうなったらもう、そのパスコースは無くなったも同然です。ただでさえフィールドプレイヤーは4人しかおらず、効率的にパスコースを作ったとしても最大3つのパスコースしか作れません。何も考えずにポジショニングするということは、その3つしか作ることができないパスコースのうちの貴重な1つのパスコースを自ら潰してしまうということなんです。



では、タテパスをもらうには何を意識すればいいのか?

それは、しっかりサイドに開いてポジショニングすること、です。
サイドへの開き方が甘いと、結果的にディフェンスとの距離が近いことになり、ディフェンスに奪われるリスクが高くなるのです。

サイドへの開き方というのは、簡単に言えば、サイドラインギリギリの位置まで開くということです。中途半端に内側にポジショニングすると、ディフェンスはさほど動かなくても守れるためパスカットされやすいんです。ですから、しっかりと、サイドラインのギリギリの位置まで開いてポジショニングすることです。
これができていないプレイヤーが非常に多いです。これができるだけで、簡単に前を向いて展開できるようになります。


フットサルのコツは、スペースをいかにうまく使うか?に尽きると思います。
スペースをうまく見つけながら、スペースをうまく作りながら、パスをつないでいく。これができるチームはとても強いです。
意識してみてはいかがでしょうか?^^



☆このブログで目からウロコが落ちたら、ポチッとお願いします^^
↓↓↓
にほんブログ村 サッカーブログ フットサルへ
にほんブログ村


フットサル ブログランキングへ



スポンサードリンク