○○ができれば必ず勝てる!!


フットサルって、スピーディなスポーツですよね。

スペースが狭いので、一瞬一瞬の判断で状況が大きく変わります。
一瞬の判断で、有利な状況に持ち込める場合もあれば、一瞬の判断ミスで不利な状況に追い込まれる場合もあります。

Pixabay

最近フットサルをしていて思うことなのですが、パスを受けたいときに「はいっ!」と呼ぶことがありますよね?このとき、パスを出す側は、「はいっ!」と呼ばれてからゆっくりパスを出すようでは遅いのです。ワンテンポ、ツーテンポ遅れるだけでも、パスコースというのは消えてしまうんです。「はいっ!」と呼ばれたその一瞬が、最もそのパスコースが開いている ” 瞬間 ” なのです。その ” 瞬間 ” を逃すと、もうそのパスコースは開きません。。

ですから本来は、味方から「はいっ!」と呼ばれる前に、その味方に対するパスコースを見極めておくのが理想です。
つまり、「周りをよく見ておく」・「首を振っておく」ということですね^^

フットサルの上手さというのはココに現れます。
フットサルは、多く得点したチームが勝ちです。
それを逆算すると、下記のようになります。

多く得点するためには、多くの得点チャンスを作る必要があります。
 ↓
多くの得点チャンスを作るためには、できるだけ速くボールを敵陣ゴールへ運ぶ必要があります。
 ↓
できるだけ速くボールを敵陣ゴールまで運ぶためには、パスを使う必要があります。(ドリブルよりもパスの方が圧倒的に速いです。)
 ↓
パスを使う必要があるということは、常にパスを出せる位置/常にパスをもらえる位置にいる必要があります。
 ↓
常にパスを出せる位置/常にパスをもらえる位置にいるためには、常に首を振って、周りの状況(敵と味方の動き等)を確認しておく必要があります。
 ↓ 
常に首を振って、周りの状況(敵と味方の動き等)を確認しておくには、普段の練習から、首を振ることを意識する必要があります。

ということです。笑



スポンサードリンク


そのとき・そのときの状況を把握していれば、いつでもパスを出せる体勢/いつでもパスをもらえる体勢でいることができます。
これが、フットサルにおいては最も重要なことです。

ドリブルがどんなに上手くても、パス1本の速さには勝てません。
逆にパスを出すべきタイミングでパスを出さないと、得点チャンスの回数がどんどん減ってしまうのです。

パスを受けると、とりあえずボールを持ち、ドリブルしようとするプレイヤーをよく見かけますが、、、これは本当にもったいないことです。。パスを受けた瞬間に、ダイレクトパスをすれば、1回で敵陣ゴール前まで展開できたかもしれないのに、ドリブルを選択してしまったが故に、貴重なパスコースが消えてしまうことが多々あるんです。




まとめますと、、、

● いつでも首を振って、周りの状況を確認しておくこと
● いつでもパスを出せる体勢・いつでもパスをもらえる体勢を作っておくこと

この2つが非常に大事です。

今日から意識してみませんか?^^



☆このブログで目からウロコが落ちたら、ポチッとお願いします^^
↓↓↓
にほんブログ村 サッカーブログ フットサルへ
にほんブログ村


フットサル ブログランキングへ



スポンサードリンク