ドリブルを止めるのは簡単?


ドリブルが好きな人っていますよね。

ドリブルそのものが悪いわけではないんですが、そこはパスの方が・・・と思う場面に多々出くわします(^^;

ドリブルが好きな人というのは、たいてい自分の足もとの技術に自信を持っていますから、パスよりもドリブルの方が確実だ!と思っている人が多いようです。



Pixabay


でもね。

ドリブルよりもパスの方が10倍速いんですよ。笑



それと、ドリブルしすぎるデメリットがもう1つ。

周りの味方がパスを受けようとする意識が希薄になることです。

どーせ走ってもパス来ないしな~

と、無意識にでも思ってしまったら、人間というのは走りません。。。


そして、パスを受け慣れないため、ポジショニングも悪くなります。
つまり、パスの受け方が上達しないんです。


ミックスの場合、女性にパスをしない男性ドリブラーチームをよく見かけるんですが、正にこの典型です。

本人たちは、「女性にパスを出すとミスをするから・・・」という理由で、女性にパスを出しません。

でも、そうやってずっとパスを出さなかったら、女性がパスを受ける技術は一向に上達しません。


つまり、自ら女性プレイヤーのレベルを下げているんです。

女性が良いポジションにいるならパスを出してあげないと!



パスを受ける回数が少ないからトラップが上達しないだけなのに、トラップが下手だからパスを出さない、という逆の発想になっているんですね。

そう考えてしまうなら、、、そもそもチームでやる必要ないじゃないですか!笑




フットサルはチームスポーツです。
パスを出し合ってみんなで攻めるのが基本です。

パスがあるから、ドリブルが活きる。

ドリブルだけだったら、簡単にボールを奪えるんです。



スポンサードリンク


そもそもフットサルはコートが狭い=スペースが少ない。

そんな場所でドリブルをすれば、あっという間に敵に囲まれます(^^;

狭いスペースの中でドリブルし続けるのは、プロでもなかなか難しいです。
ドリブルしかしない相手だとわかっていれば、その相手をサイドに追い込んで、他の味方と囲んでしまえばいいのですから簡単にボールを奪えるんです。

ドリブルが好きな人は、それを無理やり ” 自分ひとりのドリブルでなんとかしてやろう ” と考えてひとりで燃えてしまうのかもしれませんが、、、それはちょっとスマートではないですよね(^^;


そんな中、” パス ” という選択肢があれば、敵は非常に守りにくくなるんです。

ドリブルでは通過できなくても、例えばワン・ツー(ウン・ドイス)のパスをつなげば簡単に敵(ディフェンス)を抜くことができます。

これを敵のディフェンスに警戒させれば、ドリブルも活きてくるんですよね。



ドリブルは、使い方によってはチャンスになりますが、使い方を誤ると失点のリスクが増えます。

ドリブルは使うタイミングを考えましょう^^




☆このブログで目からウロコが落ちたら、ポチッとお願いします^^
↓↓↓
にほんブログ村 サッカーブログ フットサルへ
にほんブログ村


フットサル ブログランキングへ



スポンサードリンク