ゴレイロのスローイングは得点を生む!?


フットサルでは、ゴールを攻めていたチームの選手が最後にボールに触ってゴールラインを越えて外へ出た場合、守っていたチームのゴールクリアランス(ゴールキーパースロー)でプレーを再開します。

ちなみにサッカーでは、ゴールキック、つまり足でボールを蹴ってプレーを再開しますよね。それが、フットサルでは手でボールを投げてプレーを再開するんです。



Pixabay


足で蹴ることに比べて、手で投げるというのはとても融通が利きます。

足よりも手の方が器用ですから、手で投げてプレーを再開できるというのは、使い方によっては簡単に得点を生む(ゴールをアシストする)ことができるんです^^


・・・にも関わらず、そういった意識が全くなく、なんとな~く・それっぽ~い位置にボールを投げるゴレイロさんが多いのも事実です。

ゴレイロ本人はもちろん、チームの監督者ですらも、ゴールクリアランス(ゴールスロー)の重要性に気付いていないことが多いようです。

これは非常にもったいないことです。



スポンサードリンク


このブログにおいて、下記のような

” 相手が受けやすいパスを出すことの大切さ ” 

についての記事を何度か書いていますが、、、


フットサルのパスのコツ(初心者へのパスの出し方編)
フットサルのパスのコツは、Bリーグ初代王者ブレックスのキャプテン田臥に学べ!!
パスの精度が上がると、○○率が上がる!
思いやりのあるパスを出していますか?
などなど。

ゴレイロスローもこれらと考え方は同じです。

足で蹴るパスを、手で投げるパスに置き換えただけです。




投げる技術は当然に必要なのですが、それ以前の意識として、

” 味方にボールをつなごう ”

という意識をしっかり持って投げているかどうかが非常に大切です。




なんとな~く、それっぽ~い位置に、テキトーに投げていませんか?

それでは、相手が受けにくいパスになってしまいます。


どういうボールがトラップしやすいのか?
どういうボールなら、前を向きやすいのか?
どういうボールなら、次のプレーにつなげやすいのか?


ということを常に意識して、一投一投、大事に投げてください。


もちろん、その際の状況判断も大事です。

相手が受けやすいパスというのは、ボールの軌道もさることながら、敵が近くにいない、つまりスペースがある状況という意味も含まれています。

ゴレイロというポジションは、他のどのフィールドプレイヤーよりも周りがよく見えるポジションです。

周りがよく見えている人が声を出すというのが基本ですし、見えている人がゲームを動かすことができるのです。




ですから、まずは、ゲームの流れをしっかり見て、状況を把握しておくことです。

その情報をもとに、味方へのゴレイロスローを行います。
・・・心を込めて^^




まずは、普段から意識できることだけ書いてみました^^

コレを意識するだけで、ゴールのアシストができてしまう優秀な肩を持ったゴレイロプレイヤーはたくさんいるはずです。

是非、意識してみて下さいね^^



☆このブログで目からウロコが落ちたら、ポチッとお願いします^^
↓↓↓
にほんブログ村 サッカーブログ フットサルへ
にほんブログ村


フットサル ブログランキングへ



スポンサードリンク