正確なパスを蹴る方法とは?


pixabay




” 正確なパスを出したい! ”

と、いつも思っているのに、なぜか正確なパスが蹴れない。。

なぜかパスが曲がってしまう。。。

遠くに蹴れない。。。

速いパスが蹴れない。。。

などなど、パスに関するお悩みは多いことと思います。


かくいう私も、パスがうまく定まらなくて悩んだ1人であります。^^;

どんなに意識しても、パスがズレてしまう。。。

時には、

なんでちゃんとトラップしてくれないんだ!!

と、相手のせいにしてしまうこともありました。^^;


Pixabay


それがあるとき急に、、、

正確なパスが蹴れるようになったんです!



パスそのものを練習するときは、常に・何かしら意識をして練習していました。

ですが、、、
それはあくまでも、” 自分が蹴りやすい方法 ”を探して、試行錯誤していたにすぎなかったんですね。。


パスというのは、自分が蹴ったボールが、相手に届いてはじめて、成立するんです。
相手に届いてはじめて ” 、です。

ただ自分が蹴っただけでは、それはパスではないのです。


そう考えると非常に納得するのですが、、、

パスは、相手が受けやすいボールを蹴れば、ちゃんと相手に届くものなんです^^

パスを受ける相手がいるから、パスがつながるんです。

当たり前ですね。笑



でも、こんな当たり前のことなのですが、、、
実は、これを知らないフットサラーはたっくさんいます。^^;

つまり、自分本位のパスを出してしまうプレイヤーが多いということです。



スポンサードリンク


フットサルの話に限ったことではないですが、、
常に、相手の状況等に気を配りましょう。


相手のトラップの技術はどのくらいか?
今、相手はパスを受けられる体勢なのか?

など、相手の状況をよく確認しましょう。

相手の状況を確認するためには、ボールだけを見ていてはいけません。
まわりをよく見てください。

つまり、” 首をふる ” ということです。


ボールを持っていないときは常に、シュートコースやパスコースなどのスペース、他の味方の位置、敵の位置などを見るようにしましょう。

慣れるまではなかなか難しいのですが、慣れたら何も考えなくても、自然と首がふれるようになります^^
そうなるまでは、とにかく練習しましょう。

どんな練習でも、とにかく首を振ることを意識する。


そうすると、次第に相手の様子が見えるようになってきます。

相手の様子が見えたら、後はその相手に合わせたパスを出すだけです。

・・・心を込めて。

届け!

と、心を込めてボールを相手に届けるのです。


こうすると、不思議とパスが通りやすくなります^^

ホントですよ!

是非意識してみてくださいね^^



☆このブログで目からウロコが落ちたら、ポチッとお願いします^^
↓↓↓
にほんブログ村 サッカーブログ フットサルへ
にほんブログ村


フットサル ブログランキングへ



スポンサードリンク