フットサルのドリブルのコツ

昨日、フットサルの練習に行って来ました。

Pixabay


新しい人が2人、来ました^^

元々、サッカーをやっていたということで、足もとはかなり上手!

これは期待できるなぁ~^^

と思いつつ、練習の終盤にゲームをやりました。


そしたら、、、

ドリブルしまくり

で、驚きました。笑



ドリブルそのものが悪いと言うつもりはありませんが、フットサルにおいてのドリブルは、ドリブルする位置(ポジション)やドリブルするタイミングを間違えると、ピンチを招きます。



スポンサードリンク


フットサルはコートが狭いので、一瞬の判断ミスでもパスコースがなくなってしまうことがあります。

「ワンテンポ速ければパスが通ったのに!!」

という場面が非常に多いのがフットサルです。

だから、フットサルにおけるドリブルというのは難しい。



もちろん、ドリブルした方が良い場面もあるんですよ?

でも、長い時間ボールを持つということは、基本的にはリスクが増えます。

リスク=攻めるためのスペースがなくなる、ということです。

スペースがない状況でパスを出しても、そのパスは通らないですし、例えパスが通ったとしても、パスを受けた味方がプレーできるスペースはほとんどないはずです。

ドリブルが得意なプレイヤーは、そういうリスクに気付いていない可能性があります。

Pixabay


ドリブルをするか?パスをするか?シュートをするか?
という選択は、ほぼ無意識にやっていると思います。

一流の選手は、無意識の中でもしっかりとした根拠に基づいて、その時その時のプレーを判断しています。
それも、瞬時に

ドリブルとパスを比べた場合、同じ距離ボールを動かすには、パスの方が圧倒的に速いです。
目的地が同じならば、ドリブルよりもパスの方が速いんです。

だから、スペース(パスコース)があるなら、その瞬間にパスを出した方が効率が良いんです。

こういう場面でドリブルを選択してしまうと、パスコースはなくなってしまいます。
そうするとますますボールを離せなくなる。

相手のディフェンスからすれば、とても守りやすい状況になります。
パスをしない相手だとわかれば、2人・3人がかりで取りに行ってしまえば、たいていボールを奪えてしまいますからね(^^;

ドリブルというのは、スペースがあるから活きる技術なのです。
だから、サッカーではドリブルできる場面が多い。

でも、フットサルは違います。
そもそもコートが狭い。
つまり、スペースがあまりない。

自分が動く(ドリブル)だけでは、すぐにスペースが消えてします。
ボールを動かせば(パス)、スペースは消えません。


なぜ?

って、フットサルはボールありきのスポーツだから。笑



ボールが動けば、相手も動く。
もちろん自分たちの味方も動く。

だからスペースが生まれ続ける=スペースが消えない。


くどいですが、
ボールを動かさずに、自分でボールを動かす(ドリブル)と、味方も相手も動かない。
というか、動く必要がないから動かない。

まわりが動かないから、必然的にスペースが消えてしまう。

ということです。



ということで、フットサルにおけるドリブルのコツは、

ボールを持ちすぎないこと

です。


ボールを持ちすぎると、味方からもひんしゅくを買うことがありますから、お気をつけくださいね^^;



☆このブログで目からウロコが落ちたら、ポチッとお願いします^^
↓↓↓
にほんブログ村 サッカーブログ フットサルへ
にほんブログ村


フットサル ブログランキングへ



スポンサードリンク