フットサル×ネイル~爪を大事に!~


前々回のブログで、フットサル×ネイルケア=パフォーマンスアップ!?という記事を書きました。

この記事を読んでいただくと、アスリートにとっての ” 爪 ” の大切さがお分かりいただけるかと思います。



スポンサードリンク


爪は硬い部位なのですが、フットサルをやっていると、意外と怪我しやすい部位だったりもするんですね。。


私の経験では、爪の内出血、それと怪我ではないですが、深爪、この2つがなかなか痛かったと記憶しています。


1つ目の、内出血ですが、、、
これはボールを蹴ったときに起こりやすいです。

特に、トーキック


トーキックとは、つま先でボールを蹴ることですが、試合中に使おうとすると、ついつい力んで足の爪に当たってしまうんですよね。。このときはもう、蹴った瞬間に「あ、爪やっちゃったな。。。」って分かるくらい、痛いです。^^;


それから、浮き球を蹴るときにも起こりやすいです。

浮き球は、ボールの下側を蹴る/すくうようにして、ボールを蹴ります。
これがやっぱり、つま先に当たりやすい。。
これも、蹴った瞬間に「あ、、また爪やっちゃったな。。。」って分かるくらい、痛いです。^^;


どちらも、爪の部分が内出血してしまって、爪が黒くなります。
こうなってしまうと、爪がしっかり生え変わるまで、ずーっと爪は黒いままです。

・・・見た目があんまりよくないですよね。^^;


私は学生時代にしょっちゅう爪を傷めていたので、ずーーーっと足の親指が黒かったです(^^;

そんなとき、友人には、
「ペディキュア塗っちゃえばいーじゃん!!」
と言われました。




傷んだ足爪をおしゃれにカバーする美容液ネイル「足爪の休日」

・・・良いかどうかは分からないけど。笑



それから、2つ目の深爪。

これは完全に己のケアレスミスです。笑

これも、学生時代にやってしまったことなんですが、、
なぜか爪をいつもより短く切ってしまったんです。

そうしたら。。。
足の指に力を入れるのすら痛い。。。
走れない。。。
来週は試合なのにどーしよーーー!??


そんな感じでした。^^;

幸いにも、2日も経てば爪が伸びてきて、何の問題もなく試合には出ることができたのですが、、 改めて、「 爪 」 の偉大さを感じることができました。^^;


くれぐれも深爪には気をつけましょうね。。



☆このブログで目からウロコが落ちたら、ポチッとお願いします^^
↓↓↓
にほんブログ村 サッカーブログ フットサルへ
にほんブログ村


フットサル ブログランキングへ



スポンサードリンク